お彼岸

今日はお彼岸の入りです。

かんたんにお彼岸について…。

「彼岸(ひがん)」と言うのは、「対岸」つまり「あちら側」のことです。
対する「此岸(しがん)」と言うのは、「こちら側」になります。

でも、こちら側とかあちら側と言うのは一体何のことでしょう?
実は、彼岸と言う言葉は、サンスクリット語の「波羅密多(はらみた)」の意訳。
「波羅蜜多」には「成就する」「完成する」という意味があり仏教では悟りの境地に達することを表す言葉です。

「到彼岸(とうひがん)」とは、文字通り「彼岸」に到ること。
私たちの生きている迷いのある世界「此岸(この世)」から、迷いのない世界、悟りの境地「彼岸(ひがん)」に到達するためには、「修行」が必要です。修行で乗り越えるべき煩悩と迷いを川にたとえ、川のこちら側が「この世」、あちら側は「悟りの境地」と言うわけです。

お彼岸は日本固有の行事。

もともと仏教に由来する「お彼岸」
でも、実は、他の仏教国には見られない日本固有の行事です。

煩悩と悩みに満ちた現世「此岸」に対し、悟りの境地を指す言葉であった「彼岸」は、いつしか死後の「極楽浄土」ととらえられるようになります。
亡くなったご先祖さまの住む世界も「彼岸」とされるようになったのです。

春分の日と秋分の日には、太陽が真東から昇って真西に沈みます。
昼と夜の長さがほぼ同じになるこの日には、彼岸と此岸がもっとも通じやすくなると考えられたため、ご先祖様を供養するようになりました。

この習慣は、今でも続いており、お彼岸には、お寺では「彼岸会法要」が行われたり、「お墓参り」に行くなど日本独自で発達した文化「ご先祖様をしのぶ日」となっています。

よくお彼岸はどのようにして迎えたら良いのか?

ご質問をちょうだいしますがお墓参りやお寺の法要行事だけでなくご家庭のお仏壇やお仏具をきれいにお掃除しましょう。

また、彼岸は「日願(ひがん)」に由来するとの説もあります。
恵みをもたらしてくれる太陽を信仰したり、ご先祖様を大切にする気持ちは、日本に限らず古来より普遍的なものと言えますね

「春分の日」「秋分の日」は国民祝日に関する法律で規定されています。(具体的に月日は明記されてません)

ちなみに「春分の日」「秋分の日」については国立天文学台が、毎年2月に翌年の「春分の日」「秋分の日」を官報で公表しています。