塗香(ずこう)

千葉県柏市つくしが丘で仏壇仏具店を営んでおります。
荘厳佛具 松 川 箔押師 松川光伯平です。


塗香(ずこう)ってご存知でしょうか?
塗香とはお清めに使用する道具でお寺へ入山する際に手水を取れない時などに手にすり込んで心身を清めるものです。
また写経をされる時に自身を清めて写経に臨むことで文字に込められた教えに真剣に向き合うための状態を整える、という意味がありますし御本尊様に納める写経用紙に手の汗や脂がつかないようにする意味もあります。
しかし最近の塗香は修行具だけでなく、香りの「ファッションアイテム」として使用されてきています。
実際に私も使用してます。
塗香はヒトの体温の上がりやすい部分、例えば首筋や耳裏などに塗り込みその熱で香りを発散させます。
ということは「香水」と同じでヒトと香りの調和で塗香の香りが発揮されます。
塗香の香りはどちらかというとカレーのようなスパイシーに近い香りになってます。
それは実際の原料として漢薬(漢方薬にも使われている香料)を粉末にしたものが多く混ぜ合わせているからです。
ですが少量ずつを手に取り塗り込むことでたおやかな香りを見に纏うことができます。

塗香にも種類があり右から甘口・上品。極品とあります。
甘口は本当に甘い香りで私は好きで使用しています。
甘口から上品にいくとスパイシーな香りになります。
極品は本当にカレーの色みたいですよね(笑)


塗香を持ち歩くために入れ物が必要になりますがこの塗香入れが程よい塗香を手のひらに出してくれます。
そのまま手首や首筋、耳裏に塗り込みます。
塗香入れにも種類がありお写真は「桜」で作られた塗香入れです。
他にも黒檀、紫檀などがあります。


セットにして店頭にご準備していますのでお気軽にご相談ください。
(お写真は甘口塗香 桜塗香入れセット 3,960円(税込))