喪中御見舞い。

千葉県柏市つくしが丘で仏壇仏具店を営んでいます。
荘厳佛具 松 川 箔押師 松川光伯平です。

喪中はがきをお持ちになられて進物線香をお送りしたいというご相談をよくいただきます。
大変ありがたい事で店頭には進物線香を並べさせていただいております。

「進物線香」についてよくいただくご質問がありまして。
「御佛前」「御霊前」「御供」の違いはなんですか?というご質問をいただきました。
宗教、宗派にもよりますが
○満中陰前(四十九日前)にお供えする場合は「御霊前」(浄土真宗の場合は満中陰前でも「御佛前」になります。)

○満中陰(四十九日)を過ぎると「御佛前」

○神仏問わない場合は「御供」が一般的です。

最近、何件がご相談で熨斗紙に「喪中御見舞」と書いてほしい。
というご相談もちょうだいしました。もちろんお書きもさせていただいております。
「喪中御見舞」はどちらかといいますと御遺族、喪主宛の言葉で故人への言葉ではありません。
どちらかといいますと「喪中御見舞い申し上げます。」という簡単なお手紙を添えて御遺族への想いと故人への想いと両方をお納めされた方がより丁寧なご挨拶になるかと思います。

お客様より進物線香を発送する際に「お手紙を一緒に入れて送って下さい。」
というご相談をよく賜りますので、もしご発送希望でその時にお手紙がない場合は短冊に「喪中御見舞い申し上げます。」と一言添えてお送りする事もさせていただいてますのでお気軽にご相談ください。